キャリア形成の基本的な考え方

暗い話ばかりではなく、少し生産的な話をしましょう。

キャリア形成において大事であることは、手持ちの材料すなわち自身に何ができるかを適宜棚卸しすることです。

たとえ話をしましょう。

あなたはカレーを作ろうとスーパーに行って、にんじん・じゃがいも・たまねぎ・豚肉を買ってきました。さて家に帰り調理するタイミングで、カレールウがないのに気づきました。今からスーパーに戻るのは手間だし、どうしよう。あなたは考えます。カレーは作れないけど、すでにご飯は炊いてある。

今ある材料はにんじん・じゃがいも・たまねぎ・豚肉ですね?醤油と酒、みりんくらいはあるはずです。

ならば、おいしい肉じゃがを作ればいいのです。

同じ材料でシチューやポトフも作れるかもしれません。

ようは何が重要かといいますと、「なんのために用意したか?」よりも「何ができるか」であるということです。この思考は欧米のビジネススクールでもよく教えられ、ワークショップも行われています。

我々はつい、「なんのためにやってきたんだ」と思いがちです。それはわかります。

みんな何年も準備して、あれこれ考えて準備してきたんです。

資格を取ったり、お金を借りて開業したり、転職したりと当初の目標に向けて考えています。

それが今回のように突然頓挫してしまうことは多々あります。

そこで冷静に能力の棚卸をして、できることで新たな仕事にすることで他者との差がつくのだと思います。

9回の閲覧

最新記事

すべて表示

新しい時代の働き方、生き方とは

ー終身雇用の崩壊と”自分”という商品づくりの重要性ー コロナウイルスの蔓延で皆様はリモートワークにいそしまれていると思います。 このような形で在宅での仕事をするようになると誰が予想したでしょうか。同時に、皆様の中には将来に対する漠然とした不安をお持ちの方も多いでしょう。 すでに日本国内では、終身雇用制度は崩壊しており、死ぬまでの人生設計を会社に委ねることはできなくなってしまいました。副業制度解禁は

ー他の投資助言業、コンサルティング会社との違いー

私は自身が行っております投資教育をはじめとしたオンラインセッションを始める際に決めたことがあります。 それは、いかなる時もお客様の立場に立ち、彼らの利益になるアドバイスを行うことです。 ー投資にかかわる業者さん(銀行/証券会社・不動産会社etc)と弊社はその構造が全く異なりますー 一般に証券会社をはじめとする金融業は、金融商品の売買がその利益です。よって株の売買注文がなければ、彼らの利益にはなりま

コロナウイルスによるオフィス移転

コロナウイルス感染対策として、数か月前より新潟に居を移しリモートワークに励んでおります。 これまで通りオンラインにて業務を続けておりますので、各種ご相談は代表s-nanzawa@cayne.jpまでご連絡ください。 皆様の投資・経済、英語教育によるキャリア発展をお祈り申し上げます。 ーーーー代表 南澤慎之介ーーーー

© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです。